その他

自分の個性を大切に! 大阪・心斎橋・なんば パーソナルトレーニング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「美」の基準は、国や地域、時代によって変化する。

 

日本では人より「細いこと」「体重が軽いこと」が美の基準。

 

 

 

でも、これは変化してきている。

 

女性らしさを残し、程よく鍛えられたカラダへと美の基準がシフト。

 

 

 

昔は小尻が憧れであったが、今ではお尻をでかく作る時代へと変化しつつある。

 

 

しかし、これも時代の変化、メディア等が造り上げているもの。

 

 

自分の基準をしっかりもとう。

 

 

本当に美しく、自分に自信のある女性は

 

美しさに上下がないことを理解している。

 

 

周りからちやほや、自尊心とプライドだけが膨れ上がり

 

他人を見下す事、自分よりスペックが低い女性を見つけることでしか自己の存在価値や自己愛を満たせない者は多い。

 

 

 

一見自信があるように見えて、実はコンプレックスの塊だったりする。

 

 

 

美の基準に流されることは、一人一人が自他の違いを認め

 

個性を磨き、ありのままの自分を受け入れることこそが、真の美しさを生む。

 

 

 

 

脚痩せ・ヒップアップボディメイク専門

 

パーソナルトレーナー冨田雅也

 

 

 

コメントを残す

*

CAPTCHA