食事

食べたのにすぐにお腹が空く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな経験はありませんか?

食べたのに、またお腹が空いた。

また何か食べたくなった。

この理由には2つ考えられます。

今、身体が欲している栄養が足りなかった。

そもそも全然食べてない。

だいたいは、栄養が足りてないことが多いと思います。

では、何の栄養が足りてないか?

それはその時の食事を見ないと分かりません。

だいたいですが、ブドウ糖が不足していたため、すぐにお腹が空く事が多いと思います。

空腹感を感じるのは血糖値が下がっているため。

基本、毎食ブドウ糖(米、めん、パン)++タンパク質はとっていただきたいです。

これらをとって、またすぐにお腹が空いたなら、量が足りてない可能性があります。

なので、甘いものが欲しくなるのは血糖値が下がっているからです。

血糖値が上がると脳が満腹感を感じます。ブドウ糖を摂取すれば血糖値が上がります。

お米を食べてブドウ糖を補給するのか。チョコレートなどの甘いものの砂糖でブドウ糖を補給するのか。もうダイエットする場合は当然お分かりですよね。炭水化物のところで話しました。甘いものではなく、お米を食べましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA