ボディメイク

脚痩せ効果UP!お尻以外にも使って欲しい筋肉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪の心斎橋・難波で活動しているパーソナルトレーナー冨田です。

 

 

前回の記事の最後に太もも前と外側ばかり使っている人は、お尻の筋肉も使いましょうとお話ししました。

 

 

 

どうですか?

 

 

あなたはお尻使えていますか?

 

 

 

脚痩せを望むならお尻えお使いましょうね。

 

 

 

今回は、お尻以外にも使わないといけない筋肉があることを伝えたいと思います。

 

 

 

美脚を手にするのに、ただスクワットをすればいいと思っていませんでしたか?

 

今までのことを知り理解するかどうかで、脚痩せに大きな差が生まれますね。

 

 

 

お尻以外で必要な筋肉はと言うと

 

お腹

 

足裏

 

内もも

 

裏もも

 

 

これらの筋肉になってきます。

 

 

では、なでこれらの筋肉が必要か?

 

 

一つずつ説明していきます。

 

 

まずはお腹です。

 

 

お腹の筋肉は骨盤の歪み改善・骨盤の姿勢安定化に必要です。

 

 

脚はすごく、精密な構造をしています。

 

 

骨盤が歪んで不安定になると、骨盤と太ももが繋がっている股関節が歪んでしまいます。

 

 

 

その股関節が歪むことで、不安定になり太ももの動きに制限がかかります。

 

 

結果、太もも前・外ばかりを使いすぎてしまいます。

 

 

これを防ぐために、骨盤の歪みを改善し正しい姿勢で維持できるようにしましょう。

 

 

足裏の筋肉ですが、足裏は常に地面と接しています。

 

足裏の筋肉はカラダの全体重を支える部位にもなります。

(足裏の筋肉だけで支えている分けではありません)

 

そのため、足裏の筋肉が正しく使えないとカラダ全体を正しく支えられません。

 

それらを防ぐためのも、足裏の筋肉を使える必要がありますね。

 

 

 

内ももの筋肉は非常に使いくい筋肉です。

 

どうしてか分かりますか?

 

 

あなたは使えていますか?

 

 

 

なぜなら、奥深くに存在している筋肉だからです。

 

 

また、内ももの筋肉はたくさんの数で構成されています。

 

 

逆に、たくさんの数で構成されていますので、しっかりと使えるようにすると内ももは綺麗に引き締まります。

 

 

 

裏ももの筋肉についてです。

裏ももの筋肉も使えていない方が多いです。

 

 

前回にもお話ししましたが、もも前と外側ばかり使いすぎてしまいます。

 

 

このようなことが起こらないように、裏ももが使えるようになるのは効果的です。

 

 

 

しかし、これらの中でも一番使っていただきたい筋肉はお尻です。

 

 

お尻が正しく使えるよう、トレーニングして下さい。

 

 

 

お尻が使えるようになると、脚痩せ効果が上がりますよ。

 

 

 

 

 

 

美を求めるあなたに、自信を持ち輝く人生をお手伝いします

パーソナルトレーナー冨田雅也

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA