くびれづくり

腹横筋を鍛えてお腹痩せ 梅田 ダイエット 大阪 パーソナル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体型が崩れるひとつの要因は

関節を守る力の衰えがあります。

 

腹横筋は体幹を安定させる筋肉

腹直筋や腹斜筋などよりも

体の深いところにある筋肉であり

ウエストのくびれをつくる筋肉

腹横筋が働くことで

横隔膜や骨盤底筋群も働くようになります。

 

これらの筋肉は呼吸に関する筋肉ですので

腹圧を上げてお腹周りの筋肉が

よく働くようになります。

 

腹圧は横隔膜の下にある内臓が集まっている空間内部にかかる圧力のこと。

 

腹圧は姿勢維持にも重要で

腹圧が下がると体幹は不安定になります。

 

ぽっこりお腹は

お腹に力が入りにくい状態でもあります。

 

腹横筋を鍛えて

お腹周りの筋肉が働くようになることで

お腹の奥から引き締め効果が得られます。

 

腹筋運動は

お腹のシェイプアップとして一般的です。

 

これで鍛えられるのは

お腹の表面にある

腹直筋や腹斜筋です。

 

こうした腹筋運動は

体幹を曲げる動作のトレーニングで腹横筋はほとんど使っていません。

お客様の声

 

コメントを残す

*

CAPTCHA