パーソナルトレーニング

足首の安定で捻挫予防と足首が細くなる 大阪 筋トレ パーソナル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

捻挫をすると足首の筋力は低下します。
多くの人は人生で一度は経験したことがあるはずです。
私も学生時代、スポーツでしょっちゅう捻挫していました。
そして「捻挫は捻挫癖になる」と思っていました。

 

これは間違いだったのです。
何度も繰り返し捻挫をする方は何なのか?

 

捻挫をした後
痛みがなくなり
歩けるようになれば
ケガをする前と同じ状態に戻ったと思われがちです。

 

捻挫をしても足首のリハビリや筋トレをする人はほとんどいません。

 

実際、私も学生時代は全くしていませんでした。

 

ここが問題なのです。
捻挫をすると足首の筋力は必ず低下します。

 

つまり
ケガをする前よりも
足首を守る筋力が弱い状態になります。

 

痛みや違和感がなくなっても
筋力は低下したままです。

 

関節は筋力が低下し不安定のままの状態で
以前と同じように足首に負荷がかかると
再び捻挫しやすくなる確率は上がります。

 

捻挫した後は足首の安定させる筋トレをすることが大事です。

 

足首は
後脛骨筋と腓骨筋の2つの筋肉でバランスよく安定するように働きます。

 

足首が安定すれば
テーピングやサポーターが不要になり
日常生活かまより快適になります。

 

足首を捻挫するのは
体幹が弱いという人もいますが
捻挫は足首の不安定性から生じるものです。

 

根本は足首が改善されない限り
どれだけ体幹を鍛えても足首が強くなるわけではないというのが私の考えです。

 

足首が不安定ですと
足首の関節は必ず歪みがあります。

 

足首の筋力はアンバランス状態
この状態は
よく使われる筋肉ばかりに負荷がかかり足首は引き締まっていきません。

 

むしろ、この状態で改善しないまま負荷かけ続けるとふくらはぎも引き締まりません。
綺麗に引き締まった足首は、足首の関節を安定させる必要があります。

 

LINE@登録で↓↓

https://line.me/R/ti/p/%40feu3362p

マル秘㊙️

下半身痩せ動画プレゼント🎁

 

お客様の事例

太ももの張り改善・小尻

20代 アパレル

太もも・ふくらはぎの外側の張りを改善

実は体重は同じです。ダイエットしなくても脚やせできます。

ふくらはぎ -1cm

太もも -3cm

脚のライン改善、O脚改善

30代 会社員

接客業の仕事でしたので、脚の隙間があいているのが悩みでした。

悩み解消できました。

 

30代 自営業

姿勢の意識をすることなく、トレーニング頑張ったでけで無意識に変化していました。

ヒップラインの変化

20代 事務職

座った時間が多く、悩んでいたお尻が変わり嬉しいです。

 

30代 自営業

毎回変化があるので、トレーニングが楽しみ!

足首の歪み改善

30代 主婦

30分のトレーニングでここまで変化するとは驚き!

脚のライン改善、小尻に

 

20代 医療関係

言われた通りにやっていると変化しました。

歪み改善

一回のトレーニングでの姿勢変化

ここでは、姿勢の意識は必要なし

トレーニングのみで変化させていきます。

 

30代

 

30代

 

50代

 

足がくっつくようになりました

30代

歪みを整え柔軟性向上

一回のトレーニングでの可動域変化、柔軟性向上

正しいトレーニングは、見た目や筋力アップだけでなく、柔軟性も変わる

30代

根本的に可動域を改善していきます。

 

30代

 

肩の高さ、骨盤の歪み改善

50代 会社員

歪みを整えることで、見た目の変化だけでなく。

柔軟や体調の不調まで改善されます。

 

 

20代 会社員

事故で肩の脱臼

肩が歪んだ状態ではまっていました。肩の歪み修正と可動域変化

脚やせ・太もも

40代 会社員

今まで間違えた考えを持っていました

小尻に

30代 主婦

デカ尻から小尻に!お尻はキュッと小さく上むきにプリッと上がりました

 

※結果に個人差はあります

 

コメントを残す

*

CAPTCHA