ダイエット

夜遅くに食べると太るという都市伝説 大阪 梅田 パーソナルトレーニング ダイエット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

脂肪になる食事

 

脂肪にならない食事

 

 

カラダに必要な量を把握しておけば

夜遅くに食べても太ることはありません。

 

多くの方が誤解している

 

「夜遅くに食べると太る」

 

たしかに

摂取したカロリーが

余ってしまい寝ると太る

と思われがち。

 

ですが、、、

 

 

臓器の働きが変動することなんて

ありません。

 

いつでも働きは同じ

働きつづけています。

 

365

24時間

休みなし。

 

 

3食食べてもらう指導の意味は

わかりやすく説明しますと

 

 

1日のエネルギー補給

午前中のエネルギー

 

午後のエネルギー補給

 

1日の体回復、修復

 

といったイメージです!

 

夜を食べないと

1日ダメージ受けた

ストレスなど

 

壊れた細胞が再生されないので

 

次の日にも

疲労が残ってしまいます。

 

もっと寝たい。。。

といった状態は

カラダの回復が

追いついていない証拠。

 

もっと寝ないと、、、

カラダ回復しないと

このままでは

カラダ壊れちゃうぞ!

 

って感じで

教えてくれています。

 

カラダに必要な栄養素を

しっかりと1日通して摂取すること。

 

仕事や家事で

頑張ったカラダを

回復してあげましょう。

 

すると、、

今よりダイエットも上手くいきますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA